来年フェイスリフトが行われるスコダ・スパーブのトップ・モデルは290psに

公開 : 2016.09.01 04:20  更新 : 2017.06.01 00:42

スコダ・スパーブは、来年2017年にフェイスリフトが予定されている。その姿を捉えることに成功したが、外観上のブラッシュアップは最小限に抑えられているようだ。

ノーズ部分がリスタイルされ、中央部へとスムーズな繋がりを持つフロント・グリルへと変更になっている。また、リアも若干変更を受けているようだが、重いカモフラージュによって明らかになることはなかった。

キャビン・レイアウトも大きな変更は内容だが、最新のインフォテインメント・システムが採用されている。

大きな変更点は、セアト・レオン・クプラ280に搭載される280psユニットを備えた4WDのトップ・モデルのエンジンが、クプラ290に搭載される290psユニットとなることだ。

フェイスリフトされたスパーブは、現行モデル同様にハッチバック、エステートの2つのボディが販売される予定。



▶ 海外初試乗 / スコダ・スパーブ・エステート2.0 TSI 280 4×4
▶ 海外初試乗 / スコダ・スパーブ2.0 TSI 280 4×4 DSG
▶ 海外初試乗 / スコダ・スパーブ・エステート1.6 TDI SE
▶ 海外初試乗 / スコダ・スパーブ・エステート2.0TDI 190 4×4
▶ 海外初試乗 / スコダ・スパーブ2.0TDI 150 ラウリン・アンド・クレメント

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事