アウディの猛追を振り切ったトヨタ、WEC富士を制す

2016.10.16

FIA世界耐久選手権(WEC)第7戦が富士スピードウェイで開催され、TOYOTA GAZOO RacingのTS050ハイブリッド6号車、ステファン・サラザン/マイク・コンウェイ/小林可夢偉組が今季初優勝を果たした。

土曜日の予選でポールを奪ったのはディ・グラッシ/デュバル/ジャービスの8号車アウディR18だった。しかしその実、5番グリッドまでが0.3秒以内にひしめくという僅差の闘いであった。

迎えた日曜の本戦、序盤で7号車のアウディ(ファスラー/ロッテラー/トレルイエ)がメカニカル・トラブルでピットインし、大きく順位を落とす。

前半は8号車アウディ、6号車トヨタ、1号車ポルシェの3台がリードし、その後ろにスタートでポジションを下げた5号車トヨタ、今週末タイムが伸びない2号車ポルシェが続く。

終盤のタイヤ無交換に賭けたトヨタ陣営

レース中盤は、ディ・グラッシ/デュバルと繋いだアウディと、小林/コンウェイ/サラザンと引き継いだトヨタがラップタイムを拮抗させながらトップを争う。

20秒差を付けられた1号車ポルシェは、ピット戦略と他カテゴリのトラフィックを利用して、先行する2台に追いつく好機を伺う。

レースが残り2時間強となった156周目、1号車ポルシェがブレーキングを遅らせ6号車トヨタを攻略。

しかしその後のピットインでトヨタはドライバーを再び小林に交代、続けてポルシェもハートレーにステアリングを託すと、アウトラップで小林がこれをかわす。

このあと、給油・タイヤ交換・ドライバー交代を行ったアウディに対し、トヨタは給油のみという戦略でトップに躍り出る。

残り30分、トヨタは小林、アウディはデュバル、ポルシェは今シーズン限りの引退を表明したウェーバーという顔ぶれで順位を争う。

アウディはフレッシュなタイヤでペースをあげ、ファイナルラップには2秒差まで迫るも、小林がポジションを死守。トヨタは自国開催のWECで今季初優勝を飾った。

第7戦の総合順位は1位がトヨタ6号車、2位がアウディ8号車、3位がポルシェ1号車。

LMP2は、オレカ日産、リジェ日産、アルピーヌ日産というリザルト。LMGTEプロはフォードGTがワンツー・フィニッシュを果たした。

2016年シーズンのWECは、残すところ11月の上海とバーレーンの2戦。

マニュファクチャーズ・タイトルは依然としてポルシェが大きくリードしているものの、ドライバーズ・タイトルはトヨタ小林組が、デュマ/ジャニ/リーブのポルシェに次ぐ2位につけた。

 
最新国内ニュース

人気記事