シボレー・コルベット・グランスポーツを発表

2016.11.10

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、シボレー・コルベット・グランスポーツの発売を開始した。1963年に5台のみ製造されたプロトタイプ・モデルであるグランスポーツ(GS)のネーミングを冠したモデルで、日本市場では2012年以来5年ぶりの導入となる。

搭載されるエンジンは466psを発揮する6.2ℓV8 LT1で、これにクーペは8ATおよび7MTが、コンバーチブルには8ATが組み合わせられる。

ボディはグランスポーツ・ワイド・ボディで、カーボン製ルーフ、グランスポーツ専用フロント19インチ、リア20インチ・ホイール、ブレンボ製ブレーキ、そしてグランスポーツ専用のZ07パフォーマンス・パッケージなどが組み込まれる。

更に、専用レーシング・デカールやハッシュマークも装備される。

価格は、9,940,000円から14,850,000円。

また、このシボレー・コルベット・グランスポーツの発売を記念して、専用のボディ・カラーや、トーチレッド・フェンダー・ハッシュマーク、ツートン・スウェーデッド・マイクロファイバー・インサート付GTシート、スウェーデッド・マイクロファイバー・ラップド3スポーク・フラットボトム・ステアリングまどを専用装備したコルベット・グランスポーツ・ヘリテージを限定15台で発売する。

ボディ・カラーは、ブラック、アークティック・ホワイト、コルベット・レーシング・イエローの3色で、それぞれ5台ずつの限定発売。

価格は、12,430,000円から12,559,000円。

関連テーマ

 
最新国内ニュース