BMW X7、遂にその姿をキャッチ

公開 : 2016.11.22 04:50  更新 : 2017.06.01 00:33

噂されているBMWの大型SUV、X7が公道上でテストされている姿を初めてキャッチすることに成功した。メルセデス・ベンツGLS、レンジローバーのライバルになると目されるこのSUVは、もちろんBMWにとっても最大のSUVとなるモデルだ。

ボクシーなパッセンジャー・キャビンとフラット・フェイスのフロント・エンドなど、典型的なSUVのスタイルで、カモフラージュの下には、お馴染みのキドニー・グリルとデイタイム・ランニング・ライトが隠されている。

7シーターのX7は、主に北米と中国市場をターゲットとしたモデルだが、今年の初め、セールス&マーケティングの責任者、イアン・ロバートソンは英国でも販売されることを確認している。

3月のニューヨーク・モーターショーの会場でロバートソンは、「いくつかのバージョンがトップ・エンドSUVには存在する。価格については現時点では話すことはできないが、7シリーズに採用されたすべてのテクノロジーとラグジュアリー性を兼ね備えたモデルである。」とコメントしてる。

以前、このX7はX5のシャシーを延長したものを使用するとしていたが、ロバートソンはかなりの部分が新設計になるとしている。「ただ単純にホイールベースを伸ばしたものではなく、完全に新しいパネル・セルを採用した。」とロバートソンは語っている。

どのエンジンがX7に搭載されるかは現時点では不明だが、30d、40d、50dにはの3ℓディーゼル、50iには4.4ℓのツインターボ・ガソリンが搭載されるものと予測される。ロバートソンも、エンジン・ラインナップについては、X5やX6と共有することになると延べている。

また、ハイブリッド・モデルも投入されることは間違いない。

X7はアメリカのスパルタンバーグ工場で製作される。中国市場では、キャデラック・エスカレードとリンカーン・ナビゲーターのライバルになるという。

X7のデビューは2018年。関係者は2017年の終盤にはプレビューされるとしている。

関連テーマ