2017年モデルのホンダ・シビック・タイプRのテスト風景

公開 : 2016.11.23 04:40  更新 : 2017.06.01 00:33

ホンダ・シビック・タイプRがアメリカでテストされている風景がキャッチされた。現行タイプRの2.0ℓ4気筒ターボが引き続き搭載されるが、そのパワーは現行の310psよりアップされる予定で、344psのフォード・フォーカスRSに近いものとなると思われる。しかし、フォーカスRSとシビック・タイプRとの決定的な違いは、シビックがFWDであるということだ。

以前はこのシビックのホット・バージョンは、モデル末期に追加されることが通例だったが、需要が大きいため、そのスケジュールは前倒しになる可能性が高いという。

ホンダは、この新しいシビック・タイプRがスウィンドン工場で製作されると発表しており、価格は現行モデルの£30,000(420万円)よりも若干高くなると思われる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事