待望のディーゼル登場、レンジローバー/同スポーツの受注開始

2016.12.08

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、レンジローバーと同スポーツの2017年モデルを発売した。

新型は、最高出力258ps、最大トルク61.1kg-mを発生する3.0ℓV6ターボチャージド・ディーゼル・エンジン(TDV6)が新たに加わり、選択肢が広がった。

なお、ディーゼル搭載グレードは、レンジローバーがヴォーグおよびオートバイオグラフィ、同スポーツではSE、HSE、HSEダイナミックとなる。

InControl Touch Proは全グレードに

インテリアは、デジタルメーター類にくわえ、12.3インチTFTインストルメント・クラスターと、直感的なタッチ操作が可能な10.2インチの最新インフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」を全グレードに標準装備する。

その「InControl Touch Pro」には、ランドローバー初の通信機能をオプションとして追加でき、ロードサイド・アシスタンスが必要になった場合にオペレーターと会話することや、車両位置情報やトリップデータ、ドアなどの開閉状況確認、施錠やエアコンの遠隔操作が可能になる。

そのほか、ブラインドスポット・モニター、ブラインド・スポット・アシストを新採用し、先進的な安全装備をパッケージオプションで用意している。

新グレード、SVオートバイオグラフィ・ダイナミック

さらに2017年モデルには、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を手掛けた「SVオートバイオグラフィ・ダイナミック」という新グレードを設定。このグレードは最高出力550ps、最大トルク69.3kg-mを発生する5.0ℓV8スーパーチャージド・エンジンを搭載。エクステリアやインテリアも高級感のある空間になっている。ほかにも、独自のサスペンションによりパフォーマンスとハンドリングを最適化し、標準モデルより車高を8mm低くすることで、俊敏かつ軽快なドライビングを実現した。

また、SVOが手掛けたグレード(SVオートバイオグラフィ、同ダイナミック、SVR)は、既存のエクステリアカラー・ラインナップに加え、SVOウルトラメタリック・プレミアムカラーおよびSVOスペシャル・エフェクトカラーを導入。グロス仕上げ、またはサテン(マット)仕上げを施した19色から選択できる。

レンジローバーの2017年モデルの価格は、13,770,000円から29,440,000円。このうちディーゼル仕様は14,200,000円から16,760,000円。

レンジローバー・スポーツの2017年モデルの価格は8,600,000円から16,480,000円。このうちディーゼル仕様は8,950,000円から10,900,000円。


▶ 特別企画 / 正統派にして本格派、2台のランドローバー

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事