ダークブルーのアルト・ラパンも。スズキから3台の特別仕様車

2016.12.08

スズキは、軽乗用車のアルト・ラパン、ハスラー、小型乗用車のソリオ・バンディットに、特別仕様車のFリミテッドを設定し、発売した。

アルト・ラパンの特別仕様車(写真上)は、Xグレードをベースとして、専用メッキ・フロントグリルをアクセントに加えた外観に、ブラウン基調のシート表皮・ドアトリム表皮、パール調塗装を施したインパネガーニッシュを採用した内装とすることでシックな印象とした。車体色は、新採用のノクターンブルーパールを加えた全5色を設定する。

ハスラーはバンパーがガンメタに

ハスラーの特別仕様車(写真中)は、Gグレードをベースに、内装はカーキ色の専用シート表皮を採用し、外観はガンメタリック塗装の前後バンパーガーニッシュ、黒色のスチールホイールなどを装着し、アクティブで引き締まった印象とした。

車体色はオレンジ×黒の2トーン、ホワイト×黒の2トーン、イエロー×白の2トーンの専用色を含む全4色を設定。さらにステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム、デュアルカメラ・ブレーキサポートをメーカーオプション設定することで安全装備を充実させている。

ソリオはシートの質感アップ

ソリオ・バンディットの特別仕様車(写真下)は、バンディット・ハイブリッドMVをベースにメッキ・ドアハンドルを装着した外観や、ラックススエード(R)&レザー調シート、スエード調ドアトリムクロスを採用し、ブロンズメタリックの加飾を施した。後席右側ワンアクション・パワースライドドアやクルーズコントロールシステム、助手席シートヒーターを装備することで利便性と快適性を高めている。車体色は専用色のゴールド×黒の2トーンルーフ、ゴールド、グレーの3色を加え、全6色を設定した。

価格はハスラーが1,409,400円から1,535,760円。アルト・ラパンが1,409,400円から1,512,000円。1,894,320円から2,017,440円。


▶ 徹底解説 / スズキ・アルト・ラパン
▶ 国内初試乗 / スズキ・ソリオ・ハイブリッドMZ

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事