キア、次世代シードGTのエンジンを発表

公開 : 2012.12.05 11:46  更新 : 2017.06.01 01:21

キアは来年6月に発売される新しいシードのエンジンを公表した。

5ドアのシードと3ドアのプロシード共に、GTは現行の1.6リッターのGDIガソリン・エンジンに修正を加えたものが搭載される。ツイン・スクロール・ターボを備え、201bhp、27.0kg-mのパワー、トルクを持つ。6速ギアボックスと組み合わされ、0-100km/h7.9秒のパフォーマンスを発揮する。

未だその内容は明らかになっていないが、サスペンションも当然リファインされる。18インチ・ホイールと、赤いキャリバーのブレーキが取り付けられることとなる。

外観ではLEDランニング・ライトと新しいボディ・カラーが与えられ、インテリアはレカロ・スポーツシート、アロイのペダル、そして独特の表面を持つダッシュボード等を特徴とする。

キア・シードおよびプロシードGTの生産は2013年5月から開始される。価格や仕様の詳細はその近くに発表されることとなる。

関連テーマ