998kgのロータス・エキシージ・レース380を公開

公開 : 2017.01.13 04:50  更新 : 2017.06.01 00:31

380psを発揮するV6スーパーチャージャーを搭載し、0-96km/h加速が3.2秒というロータス・エキシージ・レース380が公開された。

次のロータス・エキシージ・スポーツ380を予測させるエキシージ・レース380が公開された。このモデルは、サーキットおよびコンペティション・ユース専用のモデルであるという。

レース380は、ロード・モデルであるスポーツ380と同じ3.5ℓV6スーパーチャージャーを搭載し、そのパワー、トルクも380ps、56.7kg-mと変わりないが、スポーツ380よりも68kg軽いボディが特徴。

また、Xトラックの6速シーケンシャル・ギアボックスを備え、パフォーマンスは0-96km/h加速が3.2秒とスポーツ380よりも0.3秒速い数値となっている。

また、その大きなリア・ウイングやフロント・スピリッターによって、273km/h時に240kgのダウンフォースの増加が見込まれるという。

サスペンションは、オーリンズのダンパーとアジャスタブルのフロントおよびリアのアンチロールバーを備える。また、アルミホイールはライトウエイト・タイプに変更され、タイヤはミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2が組み合わせられる。

ヘセルのテスト・トラックでは、エキシージ・カップRよりも1.5秒速いタイムをマークしているという。

価格は£119,400(1,700万円)で、デリバリーは5月を予定している。

関連テーマ