アルファ・ロメオ・ステルヴィオ・ファースト・エディションを発表

公開 : 2017.01.19 04:40  更新 : 2017.06.01 00:31

昨年11月のロサンゼルス・モーターショーで公開されたアルファ・ロメオ初のSUV、ステルヴィオだが、この時はトップ・モデルのクワドリフォリオしか公開されなかった。今回、通常のモデルをベースとしたファースト・エディションが発表された。ヨーロッパを含む限定された市場でオーダー受付を開始している。

アルファ・ロメオ・ステルヴィオのファースト・エディションのスペックが発表された。このファースト・エディションは、510psのクワドリフォリオに近い装備がされたモデルになる。

エンジンは2.0ℓターボ・ガソリンで、パワーは280ps、トルクは40.8kg-m。これに8速オートマティックが組み合わせられる。パフォーマンスは0-100km/h加速が5.7秒、最高速度は230km/hで、アルファ・ロメオではクラスをリードするパフォーマンスを持つとしている。

燃費は14.1km/ℓ、CO2排出量は161g/kmだ。

駆動方式はQ4と呼ばれる4WDシステムが装備され、よりグリップが必要な場合、リアに100%トルクを配分することができるシステム。通常はフロント、リアが50:50だ。

このファースト・エディションは、トップ・モデルではないが、20インチ・ホイール、アルミニウム・パドル・シフト、カラード・ブレーキ・キャリパーが装備される。

そのエクステリアは、クワドリフォリオのような過激なものにはならない。エグゾーストはクワドリフォリオが4本出しに対し大径の2本出し、エア・インテークなども小型化される。

インテリアは8.8インチのスクリーンを持つインフォテイメント・システムが装備され、7インチのTFTディスプレイがインストルメント・パネルに使用さえる。また、アルカンタラと本革を組み合わせたシートは、クワドリフォリオから移植されたものだ。

通常のステルヴィオは、3月のジュネーブ・モーターショーで公開されるかもしれない。



▶ 海外ニュース / アルファ・ロメオ初のSUV、ステルヴィオを公開

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事