アストン マーティン・ヴァンキッシュSヴォランテを公開

公開 : 2017.01.30 04:40  更新 : 2017.06.01 00:30

アストン マーティンのトップ・レンジのGT、ヴァンキッシュSのオープン・トップ・バージョン、ヴァンキッシュSヴォランテが公開された。

電動ソフトトップを持つアストン マーディン・ヴァンキッシュSヴォランテが公開された。ヴァンキッシュは、603ps、64.3kg-mの5.9ℓV12を搭載するアストン マーティンのGTラインナップのトップに立つモデルで、ヴォランテはそのオープン・モデルとなる。ハードトップ・モデルは昨年11月に発表されているので、3ヶ月遅れの追加となるわけだ。

パフォーマンスは0-100km/h加速が3.5秒。これはヴァンキッシュよりも0.3秒速い。

パワーアップは主にステンレス・スティール製のエグゾースト・システムと、大型化されたインレット・マニフォールドによるところが大きい。また、ティプトロニックIIIギアボックスも、そのパワーアップに迎合するようにリチューンされている。

また、ダンパー、スプリング、アンチ・ロールバーもよりシャープなセッティングに変更されている。

そのデザインは、ヴァンキッシュから大きく変わるところはないが、カーボンファイバー製のフロント・スピリッターなどが異なる。また、エグゾーストがヴァンキッシュのツインからクワッドに変更されている。

オプションとしては、ドア・ミラー、ボンネット・ルーバー、ドア・リリースなどカーボンファイバー製のパーツが選択可能だ。更に、5スポークの20インチ・ダイヤモンド・ホイールもオプションとなる。



▶ 海外初試乗 / アストン マーティン・ヴァンキッシュS
▶ 海外ニュース / アストン マーティン・ヴァンキッシュSを発表

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事