ブルー マルセイユMの限定車 ルノー・カングー・クルール発表 限定100台 247万円〜

2017.02.23

ルノー・ジャポンは、南フランスの地中海の青い海をイメージした限定車、ルノー・カングー・クルールを、3月2日に限定発売すると発表した。

マルセイユは、温暖な気候と豊かな食文化を味わえる港町。その海辺を見渡すと目の前に広がるのが、多くの芸術家を魅了したマルセイユブルーだ。

限定100台 ブルー マルセイユのカングー

今回の限定車は、フランス語で色を意味する「クルール」を車名に持つ日本オリジナル・カラーの車両。外装色は、その名も「ブルー マルセイユM」である。

遊び心あるデザインや、機能的で使い勝手に優れたユーティリティ、開放的な室内空間、大容量のラゲッジスペースなど数々の魅力はそのままに、特別なカラーリングでカングーのキャラクターを引き立たせることができる。

販売台数は、エフィシエント デュアル クラッチ(EDC)モデルが70台。マニュアル・モデルが30台の限定。いずれもベース車両はカングー・ゼンだ。

今なら「ル・クルーゼ」のキャペーンを開催中

なお、カングー・クルールの発売に合わせて、鋳物ホーロー鍋で有名なフランスのキッチンウェア・ブランド、「ル・クルーゼ」のプレゼント・キャンペーンを実施する。これは、同ブランドがカラー展開する「マルセイユブルー」の商品をプレゼントするもので、開催期間は2月23日から3月26日までとなっている。

カングー・クルールの価格は、EDCモデルが2,590,000円。6MTモデルが2,470,000円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース