BMW 2シリーズ

公開 : 2012.12.13 11:45  更新 : 2017.06.01 01:22

第1世代のBMW 1シリーズ・クーペとカブリオレの後継モデルは、英国のショールーム・デビューは1年以上先のことになるが、いま現在テストが頻繁に行われている。

BMW 2シリーズは、クーペがF22、カブリオレがF23というコードネームで開発が進められているが、インテリアの調整、ラゲッジ・キャパシティの増大、そして安全性能の向上などを主に再設計されている。

第2世代の1シリーズ・ハッチバックからスピンアウトしたモデルとなるが、最近発表された4シリーズのようにオリジナルの演出が施されているようだ。しかし、今回撮影に成功したプロトタイプからは、それをうかがい知ることはできない。唯一わかるのは、カブリオレがファブリック・フードを持つということだけだ。

2シリーズは、1シリーズ・ハッチバックと同じBMWのライプツィヒ工場で生産される。プラットフォームは基本的に新しい1シリーズと同一だが、ホイールベースは30mm伸ばされ、トレッドもフロントが55mm、リアが60mm拡大される。また、標準的なリア・ホイール・ドライブの他、4WDモデルも準備されるようだ。

エンジンはターボ付きの1.6リッターおよび2.0リッターの直噴ガソリン4気筒、そして2.0リッターの4気筒ディーゼル、そしてターボ付きの3.0リッター6気筒とが用意される。6気筒エンジンは、トップ・レンジの235i Mパフォーマンスに搭載され、320bhpを発揮するという。

関連テーマ

 

人気記事