BMW 1シリーズGTをキャッチ

公開 : 2012.12.13 12:01  更新 : 2017.06.01 01:22

今年初めにミュンヘンでスクープされた時から、BMW 1シリーズGTはリデザインされたようである。この最新の写真で見る限り、当初なかったフロントの三角窓を含む新しいグラス・エリアが採用され、ウエストラインもぐっと上昇したものとなっている。これは、9月のパリ・モーターショーでみられたアクティブ・ハイブリッド・ツアラー・コンセプトとも一致するデザインだ。

アクティブ・ハイブリッド・ツアラー・コンセプトは、1シリーズGTとも密接に関係あるモデルで、2014年にBMW初の前輪駆動モデルとして登場することとなっている。

1シリーズは、メルセデス・ベンツBクラスを直接のライバルとするが、そのサイズは僅かにBクラスよりも小さく、ホイールベースも短い。

エンジンは、最近AUTOCARがテストした3気筒の1.5リッターを搭載するものと思われる。このエンジンは、来年、ミニに搭載されてデビューを果たし、i8スポーツカーにも搭載される予定のものだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×