ロス・ブラウンが所有したディノが約8,340万円で放出 仕様も希少性高める

公開 : 2017.03.05 10:00  更新 : 2017.06.01 00:28

著名なオーナーが所有者だった、ということは素晴らしいことだ。ましてやそれがかつてのメルセデスF1チームを率いた「フェラーリ愛好家」、ロス・ブラウンであるならなおさらである。


「ビアンコ・ポロ・パーク・ホワイト」のオリジナル・カラーをまとい、これまで刻んだ走行距離は僅か4万kmほど。

純正オプションの「チェアー・アンド・フレアー」パッケージで装着されるデイトナ・シートは張り替えがなされている。

このクルマの希少性は、ディノであることだけではない。


関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事