610ps! BMW 5シリーズ・ベースのアルピナB5をジュネーブで公開

公開 : 2017.03.07 21:38  更新 : 2017.06.01 00:27

ジュネーブ・モーターショーで、アルピナはBMW 5シリーズ・ベースの新しいB5を公開した。サルーンとエステート、その両方のボディが用意される。

610psの4.4ℓV8ツインターボを搭載

アルピナB5がジュネーブ・モーターショーで公開された。

サルーンとエステート、2つのボディが用意され、それぞれに4.4ℓV8ツインターボが搭載される。そのパワーは次期M5と同等、あるいはそれ以上で610psだ。

特にBMWはエステートにM5を設定していないので、格段に速い5シリーズ・エステートが欲しいのであれば、このB5エステートは第一の候補に上がるモデルとなろう。

0-100km/h加速は4.0秒以下、そして最高速度は322km/hをマークする。

405psのD5の登場も間近

また、このB5のデビューの後、D5、つまりディーゼル・モデルも登場する。このD5は、およそ405ps、83.0kg-mのパワー、トルクを持つ直列6気筒が搭載される。このディーゼル・エンジンは550dに搭載されるもので、550dでは400ps、77.4kg-mのパワー、トルクを発している。

B5とD5は共にアルピナらしいエクステリアが与えられ、マルチスポーク・ホイールがセットされる。

また、通常のBMWモデルよりもスポーティなサスペンション、ギアボックスが与えられることになる。

▶ 2017 ジュネーブ・モーターショー


関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事