600psのピニンファリーナ・フィッティパルディEF7がジュネーブでデビュー

公開 : 2017.03.07 21:31  更新 : 2017.06.01 00:27

デザイン・スタジオ、ピニンファリーナと、往年のF1ドライバー、エマーソン・フィッティパルディがコラボレーションしたモデル、ピニンファリーナ・フィッティパルディEF7がジュネーブでデビューした。

シンプル・イズ・ベストなスポーツカー

フィッティパルディは、EF7がドライビング・スリルを気軽に味わえるモデルであり、非常にシンプルなモデルであるという。

デザインは、ピニンファリーナが担当し、ドイツのレース・エンジニア・カンパニーのHWAが設計を担当した。EF7は2ピースのカーボンファイバー・タブと、4.8ℓV8エンジン、そして6速のヒューランド・ギアボックスが組み合わせられている。

「高回転型のエンジンのサウンドにつつまれながら、運転しやすいシャシーを味わってほしい」とエマーソン・フィッティパルディは語っている。

生産は25台の限定だが、価格はまだ発表されていない。製造はHWAのアファルターバッハ工場で行なわれる。

EF7の車重は1000kg以下とされ、重さを抑えるためにエンジンとギアボックスは直接カーボン・タブにボルト留めされる。また、エンジンやギアボックス自体もサスペンションを支える構造体となる。

トラクション・コントロールとアンチロック・ブレーキは標準装備だ。

フロントとリアのウィッシュボーン・サスペンションは、インボードのコイル・ショックを持つ。フロントはプル・ロッド、リアはプッシュ・ロッドというレイアウト。

エンジンはHWAの設計で、9000rpmでピークパワーを発揮する。ドライサンプで、そのパワーは600psという。

▶ 2017 ジュネーブ・モーターショー

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事