マツダ、i-ACTIVSENSEを2017年中に新世代商品全車標準に

2017.03.13

マツダは、2017年中に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE (アイ・アクティブセンス)」を日本国内で販売するほぼすべての新世代商品を対象に標準装備化すると発表した。

日本国内で販売するほぼすべての新世代商品とは、デミオ、アクセラ、アテンザ、CX-3、 CX-5の5車種となる。

i-ACTIVSENSEは2012年に導入を開始以来、マツダ・プロアクティブ・セーフティという思想を具現化する装備として順次拡大をしてきた。先述の5モデルに関しては、2017年度中に、グレードに関係なく標準装備としていくという。

今回標準化する装備は、日常で起こり得る事故の未然防止と被害軽減を目的とした「衝突被害軽減ブレーキ」、オートマチック車のペダル踏み間違いによる事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、車線変更時に斜め後方に存在する車両を知らせる「BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)」、駐車場などでの後退時に横から近づく車両を検知し接触の危険を知らせる「RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート)」の4つとなる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事