アリエル・ノマドの作り方 ファクトリーで探る、好調の理由

公開 : 2017.04.08 07:00  更新 : 2017.06.01 00:24

アリエル・ノマド。奇抜な格好ですが、運転するととにかく楽しく、AUTOCARも絶賛です。小さなメーカーが好調な理由はなぜでしょう? 英国編集部がファクトリーに足を運びました。

アリエル・ノマドってどんな会社

アリエル社はレアな会社だ。

今は亡きオートバイのメーカーとして100年ほど前に存在した会社が17年前にサイモン・ソーンダースによって復活。エキサイティングなクルマを作り上げる会社として名を馳せ、自動車史に名を刻んだ。

ただ、たんにその珍しさが会社の存続を手助けしたわけではない。存続し、かつ繁栄しているという点では、速くて楽しいクルマ作りが大いに影響している。

誰もが欲しいと思うようなものを作ったとき、顧客のなかで金額はさほど大きな問題ではなくなる。そして同時にそれが自社の利益にも直結する。

クオリティや信頼性にもストイックになることも大切だ。さらにアリエルの場合は、常に需要が供給を上回っているということも会社の繁栄に大きく寄与している。

「われわれの作り上げたクルマを買っていただいて、弊社で整備する。そして弊社に売却していただきます」

これはノマドの実に60%にあたるオーダーを担当しているサイモンの息子、シルバート・ソーンダースが誇りにしていること。

ちなみに今は中古のストックもあるとのこと。価格を知りたいならばぐずぐずしている暇はない。