ヒュンダイ、世界初の非接触型クルマ(!?)を発表 ガン患者支援チャリティ

公開 : 2017.04.28 19:08  更新 : 2017.06.01 00:21

ヒュンダイから世界初の「非接触型クルマ(!?)」が発表されました。ガン患者支援チャリティ・イベントで、募金箱のような役割を果たします。

タッチして、チャリティに参加しよう

ヒュンダイ・アイオニックのエレクトリック・モデルが、チャリティ活動のために珍しい改造を受けた。

今回発表になった「コンタクトレスカー」には、非接触型決済用のタッチポイントが、外装パネルに5箇所埋め込まれており、モバイル端末やコンタクトレス決済カードなどでタッチすることにより、ガン患者支援チャリティに募金することができる。

ナンバー・プレートに、募金総額が表示されるのも心憎い演出だ。

ヒュンダイは、「ワンオフのモデル」と説明しており、今後ラインナップ展開する予定はないとしている。

ジャガーならガソリンスタンドの支払いが可能

同じような機能としては、ジャガーがF-PACEおよびXEに同様の機能を搭載している。しかし、それはシェルのガソリンスタンドの支払いをインフォテインメント・システム上で決済するためのものだ。

たった1台のアイオニックは5月に一般公開され、英国のヒュンダイ・ディーラーをめぐる予定だ。