ハイブリッドはディーゼルを凌ぐか? BMW 530eを試乗 「無理をしてまで…」

公開 : 2017.05.06 00:00  更新 : 2017.05.29 14:39

ハイブリッドに乗るといつも「ディーゼルでよいのでは?」と思うのは、テスターだけではないかもしれません。とくにダイナミクスを重視するメーカーになればなるほど。BMW 530eの試乗記です。

■どんなクルマ?

まず伝えたいことは、少しゴシップ的な言い方ではあるが、BMWは、ついに50/50の重量配分を捨ててしまったということ。

とはいえ、このメーカーが長く貫いてきたこの哲学は、今でも殆どモデルに受け継がれている。しかし、530e iPerformanceにおいてはその限りではない。

2.0ℓの4気筒ガソリン・エンジン(184ps)を前に積み、普段はトルク・コンバーターが位置する、8速オートマティック・トランスミッションのベル・ハウジングに112psを発する電気モーターを搭載している。

3時間以内に充電を完了できる、9.2kWhのバッテリーを後部座席の下に配置し、46ℓを確保する燃料タンクをリア・アクスルの外側に置く。

少しやり過ぎとも思えるこの技術的アイデアは、結果、このクルマの重量配分は、47:53となった。

しかし、G30型の5シリーズは、素晴らしくバランスのとれたクルマであり、少しくらいリアが重いことがどのくらいの影響を及ぼすのであろうか?

じつに興味深い。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

BMWの人気画像

×