ルノー・スポール、高性能EV「ゾエR.S.」 2020年までに発売か

公開 : 2017.07.10 19:20  更新 : 2021.02.20 19:04

エンジン車の禁止が話題のフランス。ルノー・スポールが、高性能EV「ゾエR.S.」を検討しています。すでにプロトタイプを開発中ですが、課題は少なくないようです。

ルノー・スポールからEV登場か

フランス政府が検討しているエンジン車の販売禁止。そこで話題になったのが、電気自動車のルノー・ゾエだ。

ルノー・スポールが、その「ゾエ」について、高性能モデルの可能性を探っている。ローンチ目標は、2020年だ。

ルノー・スポールのチェアマン、パトリス・ラティは、すでにプロトタイプの製造が進行中であると認めている。

また、このブランドが今後歩んでいく方向性については、コンセプトカー「ゾエ e-スポーツ」(最高出力466ps、写真)が示しているものと考えられている。

パトリス・ラティのコメント

「わたくし共は、ゾエR.S.の可能性を検討しています。しかし、膨大な時間を要する大きな研究であることに違いはありません。バッテリーの進化が著しいので、数年前には考えられなかったことが可能となっており、われわれの研究もスタートを切ることができました」
 

関連テーマ