ルノー「R.S.アルティメットデイ」 タイムアタックにR.S.の歴史と記録の「生き字引」も登場

公開 : 2023.12.02 20:05  更新 : 2023.12.03 07:47

11月25日に袖ケ浦FRWでルノーのサーキット・イベントが開催されました。メディア対抗タイムアタックダービーでは、白熱した争いが繰り広げられ、もちろんAUTOCARチームも参戦、結果は如何に? リポートです。

リスキーな勝負のはじまり

自動車メディア関係者の中には「メディア対抗」という言葉に異常な情熱を燃やす一群がいる。最近はかなり少数派になってきているが、その顔触れはあまり変わらない。

今回我々にお声が掛かったのは、11月25日に袖ケ浦フォレストレースウェイで開催されたルノーのサーキット・イベント「R.S.アルティメットデイ」に含まれる「メディア対抗サーキットチャレンジ」だった。

ルノーR.S.アルティメットデイ メディア対抗サーキットチャレンジ
ルノーR.S.アルティメットデイ メディア対抗サーキットチャレンジ

なんとメガーヌR.S.のファイナルモデルである「ウルティム」の新車3台を使って、9つのメディア・チームがハイパースラロームとサーキットタイムアタックを行って覇を競う。

というだけでも太っ腹、というか車輛全損の恐れすらあるリスキーな話である。ところがさらに、ロラン・ウルゴンとフィリップ・メリメというメガーヌR.S.の歴史と記録を作り上げてきた両氏もそこに参加するという。彼らがもし日本のプレスに敗れるようなことがあったら? と考えるとこちらはファイナルを迎えたルノースポールの沽券、もしくは彼らが今後担っていくアルピーヌの未来に関わる! という意味でリスキーかも(笑)

ちなみにR.S.アルティメットデイはルノーおなじみのサーキット・イベントであり、イベント当日の袖ケ浦FRWのパドックはR.S.ファンとその愛車たちで溢れていたのである。

本気アタックで分かったR.S.の包容力

今回の競技は編集スタッフと助っ人ドライバーによる2名1チーム。AUTOCAR JAPANチームは編集部イチ速い(たぶん)ポルシェ乗りの上野太朗ディレクターと僕(ライター吉田拓生)のコンビ。

まずイベントに行く行かないの段階で上野君は怯んでいた。ガチのサーキットアタックはラップタイムが白日に晒されるので、敗者に酷だ。とはいえ僕としては日ごろ袖ケ浦でロードスターを走らせドラテク向上に励む上野君のタイムを見たかったし、自分のタイムを現役レーサー並みのトップ連中と比べてみたいという思いもあった。

ルノーR.S.アルティメットデイ メディア対抗サーキットチャレンジ
ルノーR.S.アルティメットデイ メディア対抗サーキットチャレンジ

ホームストレートで行われたハイパースラロームの顛末についてはこの後の上野君に任せ、いきなり本題のタイムアタックから。

競技はインとアウトのラップを含まない計測2周。ぶっつけ本番というやつである。インラップは前走者が温めたエンジンとブレーキを冷やすことに専念。そこからレース・モードを選んでタイムアタックに突入した。

感心させられたのは、ウルティムのアシの仕上がりだった。街乗りでもそこそこの乗り心地が確保されているのに、フルブレーキングでも底突きする感じがない。コーナーでは軽いアンダーステアならLSDがかき消してくれる。

ぶっつけでもなんとかラップをまとめられたのはメガーヌR.S.ウルティムのFFハッチバックモデルらしからぬ包容力の賜物である。大ミスしない程度に袖ケ浦を攻めて、僕のタイムは1分17秒80と出た。さあここからは上野君に振り返ってもらおう。

記事に関わった人々

  • 執筆

    吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。
  • 執筆

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
  • 撮影

    小川亮輔

    Ryosuke Ogawa

    1986年生まれ。幼少期から父親の影響でクルマに惹かれている。独身時の愛車はシボレー・コルベットC5 V8 5.7Lのミレニアムイエロー。現在はレンジローバーV8 5.0L(3rd最終型)に家族を乗せている。2022年、SNSを通してAUTOCAR編集部の上野太朗氏に発掘される。その2日後、自動車メディア初仕事となった。instagram:@ryskryskrysk
  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事