ホンダ・フィット・ベースのアーバンSUVコンセプト

公開 : 2013.01.15 13:48  更新 : 2017.06.01 01:44

ホンダはデトロイト・モーターショーで、ジャズ(日本名:フィット・ベースのSUV、アーバンSUVコンセプトを発表する。

このモデルはコンセプト・モデルとは言え、そのプロダクション・モデルも概ねこのコンセプトを忠実に再現するものと思われる。日本では2013年の遅く、そしてアメリカは2014年初頭に、そしてヨーロッパでは2014年後半に発売される予定だ。

全長4300mmのアーバンSUVコンセプトは、次世代のジャス・プラットフォームがベースとなる。ちなみに、新しいジャズは、2014年に発売が開始される予定だ。

そのジャズ・サルーンは、この新しいプラットフォームに基いて生産されるが、振興成長市場に対してもそのターゲットは向けられている。そのため、ホンダは、各国にローカライズするための裁量を与えるという。

ホンダのCEO、伊東孝信は、このプラットフォームの小型車が、現行の400万台から2017年までには700万台にまで延ばすというホンダの計画にとって非常に重要なモデルだとしている。彼は、この新しいSUVをCR-Vの弟と読んでいる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事