TVR 「基本に戻る」戦略は成功しえるか 理想と現実とのギャップも

公開 : 2017.09.10 15:40  更新 : 2017.09.11 11:25

新生TVR、誕生と同時に、あらたな壁にぶつかっていると思うのです。理由のひとつは「ライバルが大きく成長したこと」。喜びをそっとしまいこんで、前進する必要があります。

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)

もくじ

TVR 敵のレベルアップにどう挑む?
かつてのTVRと現在の「ギャップ」

TVR 敵のレベルアップにどう挑む?

TVRが新しいクーペを発表したが、それは復活に十分なモデルとなるだろうか?

TVRの新モデル、グリフィスは、高性能だが信頼性に欠ける諸刃の剣のようなV8エンジンを外部調達しチューニングしていた、グリフィスやキミーラの時代に戻ったかのようだ。

当時はアル・メリング氏が設計した6気筒と8気筒のエンジンに、しばらくして置き換えられたのだが…。

現状の経営規模と方向性を考えた場合、現実的な戦略だったのだろうが、今後10年間は厳しい状況に置かれることは間違いなさそうだ。

TVRは日常利用も可能なスポーツカーという、収益性も高いニッチマーケットを生み出し、成功させた。

それを上手く引き継いだのはポルシェ・ボクスターだとよく言われる。そして今TVRが目指しているところは、仕上げ品質やユーザビリティでより高い水準を求められる、ポルシェ911だ。