ベントレー・ミュルザンヌをアップグレード

公開 : 2013.01.24 11:34  更新 : 2017.06.01 01:45

ベントレーは、ミュルザンヌのスペックを強化する。その新しい仕様書は3月のジュネーブ・モーターショーで公開されることになる。

まず、コンフォート・スペックでは、ヘッドレストとフットレストが新しくなり、ダック・ダウンで満たされたルーズ・クッションが装備される。リア・ウインドーおよびリア・ウインドスクリーンをカバーする電気式のプライバシー・カーテンも標準となる。

エンターテイメント・スペックは、8インチのツイン液晶モニターと、20BGBのハードディスクとDVDプレイヤーが装備される。また、リアにはiPadとワイヤレス・キーボードが埋め込まれたピクニック・テーブルも取り付けられる。更に、インターネットの連結は、新しい無線ホットスポットを利用する。

他の追加としては、新しい3つのボディ・カラーが選べるようになったことだ。ダーク・カシミア、ポルトフィーノ、ダムソン・レッドがそれだ。

これら新しいオプションは4月からオーダーが可能となる。ちなみに価格は225,900ポンド(3,170万円)からだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事