G20次期型BMW 3シリーズ CLAR採用で最大50kg減か エンジンも予想

公開 : 2018.01.24 12:10

G20というコードネームで進行中の次期型BMW 3シリーズ。車体は大きくなるものの、CLARを用いて最大50kgの減量に成功しそうです。ガソリン/ディーゼルのスペックも予想しました。

もくじ

次期型3シリーズ 意匠は5シリーズがヒント
ボディ拡大も最大50kgの減量が予想
ディーゼルとガソリン スペック予想

次期型3シリーズ 意匠は5シリーズがヒント

G20という内部コードネームで進行中の新3シリーズは、
・見た目のアピール
・動的性能の信頼性
・先進技術の積極投入
という3点で、同クラスのライバルを狙い撃つ。ライバルとは言うまでもなくメルセデス・ベンツCクラスである。

ミュンヘンのヘッドクオーター近くで撮影した3シリーズのプロトタイプは、伝統を重んじつつも、ひと回り大きい5シリーズのデザイン言語を取り入れているように思える。同時に、つい先ごろ実車公開したSUVのX2(くわしくは「BMW新型SUV「X2」 デトロイトモーターショーで実車公開 X1と共通点おおく」参照)ようにも感じられる。

ボディ拡大も最大50kgの減量が予想

ボディサイズの予想値は、現行よりも全長が60mmほど伸びた4703mm。ホイールベースも20mmほど長くなり2830mm程度になるのではないだろうか。

ちなみにメルセデス・ベンツCクラスの現行型は、全長が4696mm、ホイールベースの長さは2840mmに達する。

プラットフォームは最新のCLAR(クラスター・アーキテクチャー)が新型3シリーズにも採用され、エンジンは縦置き、熱成形の高強度鋼を主要部分に用いる。結果的に今の3シリーズより最大で50kgほど軽くなることも予想される。

なお7シリーズが採用した「カーボン・コア」は3シリーズでは見送る一方でアルミニウムを積極採用、荷重支持部にはマグネシウムを多く用いることが予想される。

ハイグレードモデルには、リアにエアサスが採用されることも考えられる。ただし四輪ステア・システムは5シリーズ以上の特権にとどめられるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

BMW 3シリーズの人気画像

×