猿に排気ガス吸引実験 VW/BMW/ダイムラー/ボッシュ出資のEUGT主導

公開 : 2018.01.30 17:10  更新 : 2018.02.01 22:40

猿に排気ガスを吸わせ、CO2排出の実験をすすめていたことが発覚しました。主導はEUGT。VW/BMW/ダイムラー/ボッシュが出資していた団体です。

猿に排気ガス吸わせる 3社出資の団体

フォルクスワーゲン、BMW、ダイムラーが、ケージに猿を入れておこなうCO2排出テストをおこなう団体に出資していたことが判明した。

実験は、クローズドな環境で猿にアニメを見せながら排気ガスを吸わせるというもの。従来車にくらべて、現行車が遥かにクリーンであることを例解するために設計されたという。

実験は2014年、ニューメキシコですすめられた。

ニューヨーク・タイムズによると、EUGT(European Research Group on Environment and Health in the Transport Sector )が実験を主導、現在は解散しているが、先述の3メーカーとボッシュが出資していたことは事実である。

ダイムラー/VWが声明 メルケル「解せず」

ダイムラーは、「EUGTの研究が進むにつれて危機感を感じた」と公式に述べる。フォルクスワーゲンのチェアマンは「まったく理解に苦しむ。徹底した調査を望む」と語る。

EUGTは、猿ではなく人間を対象に、ディーゼルと深い関連性のある窒素酸化物を含む、ガス吸引の影響を調べていたことも判明。

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、スポークスマンのステファン・ザイベルトを通じ「猿やひとを使った一連の実験は、いかなる論理をもちいても正当化し得ない」とコメントしている。