ポルシェ、フォーミュラEに参戦 第6シーズン 2019年末〜

公開 : 2018.04.11 13:29  更新 : 2018.04.11 13:31

ポルシェがフォーミュラEへ。2019年末から開催される第6シーズンへの参戦を予定。ル・マン・プロトタイプ、919ハイブリッドのプロジェクトと同様にフォーミュラEプログラムの技術開発および遂行についても、アンドレアス・ザイドルが責任者を務めます。

2019年から参戦予定

ポルシェは、フォーミュラEマニュファクチャラーの申請を行い、4月10日、国際自動車連盟(FIA)が承認した。

これによって、ヴァイザッハのファクトリーチームは、2019年のホモロゲーションに合わせて、独自のエレクトリックパワートレインの開発を継続する。

ポルシェは、2017年7月末の発表どおり、2019年末から開催されるグローバルエレクトリックレースシリーズ第6シーズンへの参戦を予定している。

「FIAとアレハンドロ・アガグ氏は、過去数年間にわたって素晴しい仕事を成し遂げてきました。ポルシェは、今回の決定によって、世界中の主要自動車メーカーとサーキットで競うことができます」と、フォーミュラEプログラム担当副社長のフリッツ・エンツィンガーは述べる。

成功を収めたル・マン・プロトタイプ、919ハイブリッドのプロジェクトと同様にフォーミュラEプログラムの技術開発および遂行についても、アンドレアス・ザイドルが責任者を務める。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事