国内ニュース

2018.04.02

自動運転で事故 誰の責任? 国土交通省の見解は 報告書を読み解く

編集部より

自動運転中に事故をしてしまった場合、責任は誰に? ウーバー事故の渦中、国土交通省が平成28年から平成29年にかけて実施した「自動運転における損賠賠償責任に関する研究会」が平成30年3月に報告書を取りまとめました。これを読み解きましょう。

text:Momota Kenji(桃田健史)

もくじ

自動運転で事故 誰の責任なのか
世界での実情把握から現実解を探す
国交省の研究 報告書を読み解く

自動運転で事故 誰の責任なのか

自動運転で事故が起こったら、誰の責任なのか?

製造/販売した自動車メーカーなのか。それとも自動運転のレベルに応じて運転者の責任もあるのか。また、ハッキングされて誤作動した場合はどうなるのか?

一般論として、自動運転の「責任の所在」について多くのひとが疑問を持っている。

そうした中、国土交通省が平成28年から平成29年にかけて実施した「自動運転における損賠賠償責任に関する研究会」が平成30年3月に報告書を取りまとめた。

3月半ば、ウーバーがアメリカの公道での実証試験中に人身死亡事故を起こしたこともあり、日本でも「自動運転の事故の責任」に関する社会的な関心がちょうど高まっていた時期にこの報告書が公開された。

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ