次期アウディA1 外寸拡大、5ドアに 新インフォテインメントシステムも

公開 : 2018.06.14 18:10

アウディの次期型A1のテストが再び目撃されました。新プラットフォームを採用して外寸が拡大されたほか、今までの3ドアではなく5ドア化されました。インフォテインメントシステムを刷新するなど、より若い層への訴求力を高めています。

もくじ

ダイナミクスに注力 ミニに対抗
新プラットフォームを採用
外寸も拡大 ポロの大型化に伴い
ディーゼルは廃止か LPG仕様も用意

ダイナミクスに注力 ミニに対抗

2世代目アウディA1にはバーチャルコクピットやMMIタッチ式インフォテインメントシステムなどが装備されるようだ。

MMIタッチシステムは大型モデル専用と見られてきたが、今回のプレビューからは大型のタッチスクリーンが見て取れた。このクルマはバルセロナのイベントで発表されるようだ。

新型A1は軽度の偽装が施された状態でのテストが度々目撃されてきた。アウディのエントリーモデルとしてすぐに識別できるそのルックスは、新たなライトやバンパーのデザインが与えられている。ボディサイズが大型化したことも見て取れた。最新のテストカーには、幅広のグリルと3つのベントが設けられたボンネットが装着されていた。

インゴルシュタットの本社に勤めるひとの情報によれば、ルックスだけでなく快適性やダイナミクスも向上しているとのことだ。これはミニに対抗するための措置だという。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事