BMW i4、2021年生産開始 4シリーズ・グランクーペ似に 航続700km

公開 : 2018.10.03 15:10  更新 : 2021.06.04 13:19

BMWはテスラ・モデル3のライバルとなるi4を2021年に販売開始することを明かしました。i3や今後登場予定のiX3に続くEV車で、航続距離は700km程度になります。4シリーズ・グランクーペに似たスタイルを持ち、その加速性能は驚異的とのことです。

EV市場をリードするモデルに

BMWは拡大中の「i」シリーズの中でi3の上に位置するi4を2021年に発売することを認めた。テスラ・モデル3をライバルとし、その航続距離は700kmに達する。BMWのハラルド・クルーガーCEOは、「新次元の0-97km/h加速を実現」と説明する。

「他車との明確な違いは現在走っているどのクルマとも違う素晴らしいデザインにあります。そして新素材の使用による軽量化で、最高の走行性能を実現します。さらに、最新のコネクティビティにより、市場をリードすることができるでしょう」

これはBMWが2021年までに投入予定のEV 5車種のひとつだ。ここにはi3、ミニEV、iX3(2020)、i4(2021)が含まれ、さらに10車種以上のPHEVが登場予定だ。彼はi4は4シリーズ・グランクーペのようなスタイルと説明した。

さらに2025年までに25車種以上のPHEVと12車種のEVを発売すると明かした。「2022年から2025年の間に急激にラインナップを拡大することになるでしょう。これは市場の動向を反映するとともに、排出ガス目標を達成するためでもあります」

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事