ザウバーとアルファ 「アルファ・ロメオ・レーシング」としてF1に ライコネン起用

公開 : 2019.02.01 20:12

「アルファ・ロメオ・レーシング」というチーム名で、2019年シーズンのF1に参戦するザウバーとアルファ・ロメオ。ドライバーはライコネンと若手イタリアンです。

ライコネンとジョヴィナッツィ

2019年シーズンのF1世界選手権に、「アルファ・ロメオ・レーシング」が参戦する。

モータースポーツの最も歴史あるブランドであるザウバーとアルファ・ロメオが、キミ・ライコネン(2007年世界チャンピオン)と、アントニオ・ジョヴィナッツィ(イタリアの若手ドライバー)と共に世界中のサーキットに帰っくるのだ。

この2人が、アルファ・ロメオ・レーシング(以前の名称はアルファ・ロメオ・ザウバーF1チーム)のドライバーとして参戦する。

1910年6月24日の創立のわずか翌年に、アルファ・ロメオは公式レースのデビューを飾り、モデナにおいて最初のレギュラリティ・レースで勝利を収めた。以降、彼らのモータースポーツにおける伝説は数々の勝利で彩られ、F1を含む多くの国際的な選手権の表彰台を勝ち取ってきた。2019年、アルファ・ロメオ・レーシングのマシンには、1923年以来最速のアルファ・ロメオ・モデルの象徴となってきた、由緒ある四つ葉のクローバーの紋章が掲げられるという。

ザウバーとタイトル・スポンサーとしてのアルファ・ロメオの長期的なパートナーシップは、2018年に締結。この1年間、チームは継続的な進歩を見せ、選手権を8位で終えた。この協力関係の期間はさらに延長されたが、ザウバーの所有権と管理は変わらず、独立している。アルファ・ロメオ・レーシングは、引き続きモータースポーツの頂点において野心的な結果を達成するという目標を掲げているのだ。

チーム代表、さらにはFCAのCEOからメッセージが届いている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事