アルファ・ロメオ、F1復帰を記念する特別仕様車をジュネーブに出展

公開 : 2019.03.01 11:30  更新 : 2019.03.04 11:20

アルファ・ロメオがF1マシンと同じカラーリングを施したジュリアとステルヴィオを発売します。他にも新グレードとなるTiや、ジュリエッタのアップデートも発表されます。

もくじ

アルファ・ロメオ・レーシング特別仕様車が登場
ジュリエッタに待望のアップデート

アルファ・ロメオ・レーシング特別仕様車が登場

アルファ・ロメオは、来週に開幕が迫ったジュネーブ・モーターショーに向け、出展車両の情報を明らかにした。

ジュリアとステルヴィオのクアドリフォリオに用意される特別仕様車、両モデルに設定される新しいTiバージョン、そしてアップデートされたジュリエッタがジュネーブで公開になる予定だ。

最も目を引きそうなのは、アルファ・ロメオ・レーシングという名前でF1に復帰することを祝して展示される2019年シーズン用F1マシンだ。ドライバーはアントニオ・ジョヴィナッツィとキミ・ライコネンが起用された。

しかし、アルファのブースで本当のスターとなるのは、F1マシンと同じカラーリングが施されたジュリア・クアドリフォリオとステルヴィオ・クアドリフォリオの「アルファ・ロメオ・レーシング」特別仕様車だろう。

カラーリング以外にも専用の特別装備として、赤いステッチが入ったカーボンファイバー・シェルのスパルコ製レーシングシート、カーボンファイバーのインサート入りシフトノブとステアリングホイールが与えられる。2.9ℓV6ツインターボ・エンジンは両車とも変更がない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ジュネーブモーターショー2019の人気画像