三菱アトレージをタイで発売

公開 : 2013.05.22 20:10  更新 : 2017.06.01 01:53

三菱の次世代のグローバル・コンパクト・セダン、アトレージが7月からタイで発売される。

4.8mのボディに、現代的なスタイルと、突出して優れた前方視認性、大きく開くドア、運転のしやすさと、そして小さな最小回転半径という性能を詰め込んだモデルだと三菱はコメントしている。それは、スモール・シティ・カーに求められるすべてだ。

また、このスタイリングは優れたエアロダイナミクスと広いインテリア・スペースの両立が可能だという。そのドラッグ係数は日産リーフに近い0.29でありながら、クラスで最も広い室内を持つという。

エンジンは1.2ℓのMIVEC。これに5速マニュアルまたはオートマティックが組み合わせられる。その平均燃費は21.9km/ℓになるという。

また、安定したハンドリングとスタビリティ、そして快適な乗り心地を提供するともいう。

アトレージはタイからスタートし、順次その市場を拡大していく予定。しかし、英国のショールームには届く予定はない。

関連テーマ

人気テーマ