ベントレー伝説的モデルがロンドンに エリザベス女王の公用車も コンクール・デレガンス

公開 : 2019.06.21 18:10

9月にハンプトン・コート宮殿で開催されるコンクール・デレガンスに、ベントレー100年の歴史で重要な15台の車両が一堂に展示されます。この時期にロンドンへ行かれる方には、見逃せないイベントになりそうです。

もくじ

伝説の「ブルートレイン」
エリザベス女王の公用車も
ル・マンで活躍した数々のベントレー
最高のベントレーだけを展示

伝説の「ブルートレイン」

これは絶対に見逃せない。ベントレーは創業100周年を記念して、9月6〜8日にハンプトン・コート宮殿で開催されるコンクール・デレガンスに、同社を象徴する壮麗なレース用車と公道仕様車の数々を展示する。

それらの車両の中には、ベントレー・ボーイズの1人、ウォルフ・バーナートが寝台特急と競って勝ったとして有名なベントレー「ブルートレイン」スピードシックスも含まれる。

それは1930年のこと。バーナートは友人たちと200ポンドを賭け、寝台特急の「ル・トラン・ブルー(英語でザ・ブルートレイン)」よりも彼のベントレーの方が速く走れると証明することになる。

南仏のカンヌから、特急列車と同時刻に出発したバーナートは宣言通り、列車がカンヌに到着するより4分前に、ロンドンまで走り切ることに成功した。

この700マイル(約1124km)の競争に勝ったクルマが、ベントレーのどのモデルであったかということについては議論があるものの、ガーニー・ナッティングがボディを製作したスピードシックスは、この偉業に関連付けられている。

エリザベス女王の公用車も

コンクール・デレガンスの展示に相応しいと考えられるもう1台のロードゴーイング・ベントレーは、英国女王陛下の公用車であるステート・リムジンだ。

アルナージRをベースに、独自のボディとインテリアがミュリナーによって架装されたこのリムジンは、エリザベス2世の在位50周年を記念して2002年に製作された。

ユニークなアンテム製のベントレー4¼リッター・カブリオレも展示されるので、来場者はそのペイントされたダッシュボードや低いウインドスクリーンを目にすることができる。

他にも、全部で15台のベントレーが展示される予定だ。