ホンダ・フリード・クロスター 10/18登場へ フリード・シリーズ、マイチェンで改良新型に

公開 : 2019.08.30 12:44

ホンダ・フリードが、10月にマイナーチェンジされます。新たに「フリード・クロスター」が登場。また、標準装備のホンダセンシングに機能が追加されています。

もくじ

CROSSTAR(クロスター)とは
後方誤発進抑制機能を追加

CROSSTAR(クロスター)とは

ホンダが、小型ミニバンのFREED(フリード)シリーズについて、10月18日にマイナーチェンジすると発表した。「フリード」「フリード+」に関する情報を同社ウェブサイトで先行公開するとともに、新グレード「CROSSTAR(クロスター)」を追加することも明らかにしている。

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやバンパーなどの変更を行うことにより、フリードの特長である「親しみやすさ」はそのままに、洗練されたデザインへと進化させると、ホンダは発表している。

「ホンダ・フリード・クロスター」
「ホンダ・フリード・クロスター」

新しく加わったグレード「クロスター」は、クロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長の新デザインを採用し、遊び心と力強さを表現したもの。「ミニバンの便利さと、SUVのタフネス」という2つの魅力をクロスオーバーしたモデルとされている。トップ画像の車体色は、プレミアムクリスタルオレンジ・メタリックIIだ。

後方誤発進抑制機能を追加

また、ミリ波レーダーとカメラで状況を認識する安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全タイプに標準装備としたほか、新たに後方誤発進抑制機能を追加している。

ホンダセンシングには、これ以外にも衝突軽減ブレーキ(CMBS)、誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリング、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能、路外逸脱抑制機能、ACC、LKASが含まれている。

「ホンダ・フリード(マイナーチェンジ・モデル)」
「ホンダ・フリード(マイナーチェンジ・モデル)」

フリードは、2008年にコンパクトなボディサイズと広い室内空間を備えたクルマとして誕生した5ナンバー車。2016年のフル・モデルチェンジでは、室内空間の拡大と多彩なシートアレンジを実現し、商品力を高めた。

都市部でも扱いやすい小さなサイズでありながら、居住性と使い勝手の良さを兼ね備えたクルマとして支持されている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事