ポルシェ911GT3

公開 : 2013.07.09 20:00  更新 : 2017.05.29 19:07

■どんなクルマ?

ポルシェ911GT3は、クラブスポーツ・レーシング用として製作されたモデルではあるが、純然たるロードゴーイング・モデルでもある。

そのセンセーショナルなパフォーマンスやアピアランスは、ベース・モデルのカレラSと大きく異なっている。まず最初にそのスタイリングだ。ユニークなエアダクトとスピリッターを備えたフロント・バンパー、ボンネットの上のダクト、新しいエクステリア・ミラー、ドアの下のサイド・シルなどは別物だ。また、大きなリア・ウイングや、リア・エンジンにフレッシュ・エアを導くためのラム・エア・インテーク、そしてバーチカル・エア・ダクトを持つリア・バンパーなどもオリジナルのものが与えられている。

また、ベーシックなボディシェルはカレラSと同じものの、ウイング、ルーフ、ドア、エンジン・リッドはアルミニウム製となっている。

サイズ的には旧型のGT3よりも118mm長く、44mmワイドになっており、ボディ重量は35kg増えて1430kgとなる。重さは増えたものの、ボディの捻れ剛性は25%も向上しているという。

2シーターの室内は、ベーシックな911とほぼ同じだが、9000rpmにレッドゾーンを刻まれたレヴ・カウンターは独自の装備。更に、シートはカーボンファイバー製となり、ペダルはアルミニウム製となる。

■どんな感じ?

イグニッションキーを捻ると、どこからでも解るサウンドを立ててエンジンはスタートする。アイドリングから踏み込むと、モータースポーツ生まれのエンジンは、そのパフォーマンスを誇示するようなエンジン・サウンドを奏でる。ギア・レバーをドライブに入れ、スロットルを開ける。

ステアリングは、クイックで適度な重さを持つ。ズッフェンハウゼンの丘を駆け登ると、デュアル・クラッチはセカンド、サードとシフトアップしていく。ユーザー・フレンドリーな感覚だ。

スポーツにフォーカスされたとはいえ、最新の911GT3は、コンフォート・モードにダンパーをセットすれば、低速では非常に落ち着きのある乗り心地を示してくれる。

一方で、250km/hを超えてのアウトバーン走行では、まったく異なる一面を見せてくれる。そのエンジンは本当に強力で、3.8ℓから468bhp/8250rpmのパワーと44.8kg-m/6250rpmのトルクを発生する。ミッドレンジには、前作よりもフレキシビリティがある。

ユーロ5エミッションに適合するこのエンジンは、アイドリング・ストップなどのシステムは持たないが、7.8km/ℓの燃費をマークする。

PDKは通常のデュアル・クラッチよりもスポーツカー・レース向きにセッティングされている。シフトは滑らかだ。ギアレシオは旧い911GT3よりも15%ほどショートになった結果、0-100km/h加速は3.5秒と、旧モデルよりも0.4秒も速くなっている。トップスピードは315km/hだ。

ポルシェは新しいGT3にペダル・ニュートラル・ファンクションというものを装備した。これは、左右のパドル・シフトを同時に引くと、ニュートラルになるというものだ。

ステアリングは完全に一新された。基本はカレラSの発展形であるが、間もなく発表される911ターボに採用されているリア・ステアを持つ。これは60km/hまではよりシャープなハンドリングを持つために逆位相に、そして80km/hを越えるとリアの安定性を増すために同位相になるというもの。複雑な構造だが、いままでのステアリングよりも穏やかなフィーリングだ。もし、ポルシェがその存在を明らかにしなければ、われわれはそれが装着されていたことに気づかなかったぐらいだ。

■「買い」か?

この911GT3のダイナミックなパフォーマンスを、一般公道上では一部しか味わえなかった。但し、このクルマが911GT3 RS4.0よりも2秒速い7分25秒でニュルブルクリンクを周回するという事実は驚きに値する。

Φ350のカーボン・セラミック・ブレーキも素晴らしい効きを示してくれる。より高速からフレンドリーに停止までもっていくことができるのだ。

新しい911GT3は、田舎のワインディング・ロードを流して走ることもできるが、その一方でサーキット生まれのスポーツ・マインドを全く失っていないモデルだ。そのエモーショナルな訴えは、このクルマを非常に刺激的にしている。

(グレック・ケーブル)

ポルシェ911GT3

価格 NA
最高速度 315km/h
0-96km/h加速 3.5秒
燃費 7.8km/ℓ
CO2排出量 289g/km
乾燥重量 1430kg
エンジン 水平対向6気筒3800cc
最高出力 468bhp/8250rpm
最大トルク 44.8kg-m/6250rpm
ギアボックス 7速デュアル・クラッチ
 
最新試乗記

人気記事