決勝 イングランドvs南ア 元代表がエール ランドローバー「全国一斉ラグビー体験会」

2019.11.01

サマリー

イングランドと南アフリカのラグビー元代表選手が、日本の子どもたちと汗を流しました。あすの決勝について、応援コメントも。

もくじ

日本ラグビーの未来へ
豪華 元代表メンバー
自国にエール

日本ラグビーの未来へ

text&photo:Hiroyuki Kondoh(近藤浩之)

日本を舞台にアジア圏での初開催となった「ラグビーワールドカップ2019日本大会」。

日本代表が史上初の8強まで勝ち上がり、最高の盛り上がりを見せた大会も、11月2日に開催されるイングランド×南アフリカの決勝戦でその幕を閉じる。

約120名の小学生たちが、ラグビーを初体験。各国の元代表メンバーが指導にあたった。
約120名の小学生たちが、ラグビーを初体験。各国の元代表メンバーが指導にあたった。

このラグビーに対する盛り上がりを一過性のものにしたくはない。公益財団法人・日本ラグビーフットボール協会とパートナーシップを締結するランドローバーが、大会後のレガシーとして、「全国一斉ラグビー体験会」を11月から行うことを発表した。

その先駆けとして10月28日に開催されたのが、ランドローバーのアンバサダーを務める世界各国の元ラグビープレーヤーを招いた、子供たちに向けたラグビーの体験会。ちなみにランドローバーは過去20年に渡って世界中のラグビー活動を支援している。

豪華 元代表メンバー

会場となった早稲田大学ラグビー蹴球部 上井草グラウンドには約120名の小学生たちと、ゲストとなるジョニー・ウィルキンソン(元イングランド代表)、ブライアン・ハバナ(元南アフリカ代表)、ブライアン・オドリスコル(元アイルランド代表)、ウィル・グリーンウッド(元イングランド代表)、ローレンス・ダラリオ(元イングランド代表)、廣瀬俊朗(元日本代表)といったラガーマンの姿が。

体験会では、追いかけっこやタックルの体験、マットを使ったトライの体験など、数グループに分かれた子供たちと元代表選手がグランドを駆け回る。この中から、いずれ代表選手が現れれば…、などという大人の想いとは関係なく、子供たちはひたすら楽しそうにボールと戯れていた。

これだけの子どもが力を合わせても、1人でスクラムの指導ができてしまう。
これだけの子どもが力を合わせても、1人でスクラムの指導ができてしまう。

平日の学校終わりということもあり、時間的には短いものであったが、子供たちにとっては貴重な体験となったことだろう。

そして最後には、サプライズの発表が。11月2日の決勝戦でのマスコットキッズを務める2名が、この場で発表されたのだ。

実はこの2人、台風19号の影響で開催できなかったナミビア×カナダ戦でマスコットキッズを務める予定だった。中止が決まった際は「布団の中で泣いていた」というくらい落胆していたそう。発表後、マスコミに囲まれたインタビューでは大きな笑顔があふれていた。

自国にエール

残すところあと少しで終了してしまう「ラグビーワールドカップ2019日本大会」。

ランドローバーのアンバサダーとなるイングランドと南アフリカの元代表選手にインタビューすることができた。

決勝戦のマスコットキッズを務める小野くんと網野くん。
決勝戦のマスコットキッズを務める小野くんと網野くん。

今大会と決勝に向けたコメントで、この記事も締めることにしよう。

ジョニー・ウィルキンソン(元イングランド代表)

「素晴らしい大会だったと思います。ラグビー全体が慣れ親しんだ地域でないところで、様々な体験ができたということも、意義があることだと思います。準決勝では南アフリカはウェールズを倒す戦いをしましたが、決勝はイングランドを倒す戦いをしてくるので、まったく違う南アフリカかもしれません。英国人でイングランドのチームとの仕事もしていますから、もちろんイングランドが勝つと思いますが、ものすごく接戦になると思います」

ブライアン・ハバナ(元南アフリカ代表)

「7週間を通して美しい国、文化に触れて、日本で一度プレイしたかったなと思いました。(日本代表について)この数年の飛躍は素晴らしいと思います。開幕戦やスコットランド戦はその雰囲気を瓶詰めにして、持っていきたいくらいワクワクする試合でした。(決勝は)すごく接戦になると思いますが、負けることはないと思います。エディが素晴らしいチームを率いていますので、どうなるか楽しみです。ニュージーランド戦の序盤での、ああいった動きをしてくれれば、トロフィーに手が届くんじゃないかと思います」

 

人気記事