[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

新型 ランドローバー・ディフェンダー発表 タフな4輪駆動モデルのアイコン

2019.09.10

100字サマリー

走破性の高い4新駆動モデルの代名詞ともいえる、ランドローバー・ディフェンダーが高級志向になって生まれ変わりました。英国での価格はおよそ4万ポンド(520万円)からとなっています。

もくじ

上級志向になった新しいディフェンダー
新しいディフェンダーの設計とデザイン
当初のエンジンは4種類、追ってハイブリッドも

上級志向になった新しいディフェンダー

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

2016年に販売を一度終了していたランドローバー・ディフェンダーが、生まれ変わった。エンスージャストの高い要求に答えつつ、クルマの魅力を高めたのが、次世代ディフェンダーだといえる。

先代モデルは生産終了前まで、年間5000台程度が個人へと販売されていたが、ビジネス用途での販売は1万5000台を数えていた。しかし新しいディフェンダーはスロバキアのニトラに新設された工場にて製造されるが、その製造可能台数は年間15万台。この工場ではディスカバリーも製造されるとはいえ、ディフェンダーの販売台数も5倍近くを稼ぐ必要がある。

ランドローバー・ディフェンダー
ランドローバー・ディフェンダー

そのため新しいディフェンダーは先代では叶わなかった、北米と中国を含む世界各国の自動車の規制や法規に合致するように設計をされている。世界128の国と地域で発売されることになる。

新しいディフェンダーは、従来のランドローバーのモデルよりも優れた走破性と実用性を備えている。ラインナップには軍事目的も含む、様々なライフスタイルに合わせた仕様が設定される。用意されるアクセサリーは170種類にも及び、トップグレードの価格は最新のレンジローバーの価格帯に達する10万ポンド(1300万円)を超えるとのこと。

当面は5ドアのディフェンダー110の英国での価格は4万5240(588万円)万円から。エクスプローラー、アドベンチャー、カントリー、アーバンと呼ばれる4種類のパッケージが用意される。いち早くオーダーをした顧客は、英国なら2020年初頭に納車が可能だとのこと。一方でコンパクトな3ドアのディフェンダー90は英国では近々に発売が開始され、一般向けの価格は4万ポンド(520万円)から、商業モデルとしては3万5000(455万円)からとなる。

パワートレインはガソリンエンジンとマイルドハイブリッド、ディーゼルエンジンから選択ができる。プラグインハイブリッド搭載車も1年後には発売が開始されるという。

 
最新海外ニュース