ダイハツ、ミライースをマイナーチェンジ

2013.08.19

ダイハツ工業は「ミライース」をマイナーチェンジし発売した。

この改良で、「e:Sテクノロジー」をさらに進化させ、ガソリン車トップで33.4km/ℓの低燃費を達成した。EGRクーラーの採用で吸気温度を低減し、異常燃焼を抑制、点火タイミング最適化で燃料噴出量を低減するなど、細かい技術の積み重ねで効率を向上している。車両面では、新空力パーツを採用することで空気抵抗を低減し、燃費向上に寄与した。また、アイドリングストップシステムや減速時に発電する「エコ発電制御」の進化も低燃費化に貢献している。

安全装備では、衝突回避支援システム「スマートアシスト」や、急ブレーキ時にハザードランプを点灯させる「エマージェンシーストップシグナル」を採用し、さらに安全に使用できるようになった。

外装は空力パーツを追加した他にリアコンビランプを透明パーツに変更するなど質感を向上。内装でもブラックとシルバーのコントラストをテーマに高級感を演出した。

価格は745,000円〜1,280,000円まで。

関連テーマ

 
最新国内ニュース