ダイハツのニュース/新車情報/試乗記

現存する日本の自動車メーカーでは、じつはダイハツが最古にあたる。1907年に創立された「発動機製造株式会社」がルーツだ。大阪高等工業学校の研究者が中心メンバーだったので、大阪の発動機から「ダイハツ(大発)」のブランド名が使われた。社名がダイハツ(正式にはダイハツ工業)になったのは、1951年のことだった。 自動車の製造は第二次大戦前のオート3輪から始まり、戦後も小型3輪トラックのミゼットが人気を集める。1960年代には四輪車も製造するが、業界再編の影響を受け、1967年にトヨタと業務提携関係を結ぶ。 1977年に発売したリッターカーのシャレードがヒット作となるが、これ以降は登録車ではトヨタに任せるかたちで、軽自動車中心のラインアップを展開している。とはいえ、小型車の製造ノウハウには一日の長もあり、トヨタ小型車の開発や生産、そして軽自動車も含めてOEM供給なども行っている。 1998年にはトヨタが全株式を取得し、連結子会社となった。現在の軽自動車の主流となっているハイト系ワゴンの始祖である「タント」、カスタム系ワゴンを流行させた「ムーヴ(カスタム)」、軽自動車ながら電動開閉トップを備える「コペン」、そしてクロスオーバーSUV風の「タフト」など、ユニークな軽自動車のラインアップも展開している。

もっと見る

ダイハツの車種

ダイハツの記事

2021.05.13

【異変】新車の国内販売 トップ3にスズキ/ダイハツ 理由はトヨタの「すき間」

メーカー別の国内新車販売台数ランキングのトップ3からホンダが外れ、スズキ/ダイハツがランクイン。 ...

2021.05.10

【内装/外装/詳細/価格は?】ダイハツ・ウェイク/タフトにアウトドアな特別仕様車

ダイハツは、タフト、ウェイクに特別仕様車を設定、あわせてタフト、ウェイク、キャストを一部改良しました。 ...

2021.04.20

【長寿の秘訣は?】フルモデルチェンジせずとも堅調に売れる長寿モデルたち

フルモデルチェンジせずとも長期にわたり人気のモデルがあります。長寿の秘訣は唯一無二の特徴にあるといえます。 ...

2021.04.18

【画像】ダイハツ・タフト 内装/外装等の画像/写真 187枚

ダイハツ・タフトの内装/外装等の画像/写真をご紹介します。 ...

2021.03.22

【ダイハツ×ハウス食品】コロナで注目キッチンカー ダイハツ仕掛ける新ビジネスとは?

ダイハツがハウス食品とキッチンカーのレンタル事業を手掛けます。メーカ―が参加する新事業に注目が集まります。 ...

2020.12.15

【ウォームパック標準装備】ダイハツ・ムーヴ・キャンバスに特別仕様車のVSシリーズを設定 価格は156万2000円-

ダイハツは、ムーヴ・キャンバスに特別仕様車のVSシリーズを設定し、2020年12月14日から発売しました。VSシリーズは156万2000円からです。 ...

2020.10.14

【似たクルマでもこんなに違う】ダイハツ・タフトVSスズキ・ハスラーの長所/短所 正反対の販売戦略

2019年12月にスズキ・ハスラーが2代目にフルモデルチェンジを行い、2020年6月にはダイハツ・タフトもデビュー。直近3か月の販売を振り返りつつ、そ...

2020.09.20

【やはり、ライバルではなかった】ダイハツ・タフト独自路線 乗って聞いてわかった ハスラーとの明らかな差

ダイハツ・タフトの試乗記です。価格や見た目を考えると、スズキ・ハスラーがライバルとして浮かんできそうです。しかしダイハツも、そして桃田健史が実際に試乗...

2020.08.03

【タフト、試乗してみた】ダイハツ・タフト 価格に対する走りの実力 内装の出来ばえを評価

ダイハツ・タフトに試乗しました。スペックを冷静にみつめると、真剣にコストと向き合った事実が浮かび上がってきます。それが走りにどう影響しているのか? ま...

2020.08.01

【想定内、それとも想定外?】ダイハツ・タント、フルモデルチェンジ1年目 Nボックスの背中が遠い? べつの見方も

現行タントは、フルモデルチェンジから約1年が経ちます。このところ、ダイハツ・タントの販売が不安定です。Nボックスの後塵を拝する? いっぽうで違う見方も...

人気テーマ

 

人気記事