日産 北米工場の生産再開、再び延期 新型コロナウイルス

公開 : 2020.05.08 00:39  更新 : 2020.05.08 00:39

日産の米国法人は、アメリカの工場の再開を延期しました。新型コロナウイルス感染症の影響で、3月より続いている生産停止は、最新情報では「5月半ばまで」と発表されていましたが、再び延期となりました。

5月半ば再開を断念

日産は、北米の大部分の工場について、生産停止期間を延長すると発表した。

同社は先月17日、アメリカの全工場の再稼働時期を、5月半ばまで後ろ倒しにする判断を行っていた。それが再び延期された形になる。

2018年に、新型アルティマ(2019年モデル)の生産開始を祝う北米キャントン工場。
2018年に、新型アルティマ(2019年モデル)の生産開始を祝う北米キャントン工場。

新型コロナウイルス感染症のパンデミックが深刻な米国において、日産は「新型肺炎の感染拡大の状況と、現在のマーケットの需要、サプライヤーの状態を評価し続けていく」としている。

なお現時点では、新しい再開日程を確定しないことにする、と発表されている。