スコダ・ラピッド・スペースバック 1.2TSI グリーンテック

公開 : 2013.10.03 21:00  更新 : 2017.05.29 18:40

■どんなクルマ?

スコダ・ラピッドのストレッチ・バージョンがこのラピッド・スペースバックだ。このスペースバックをどのセグメントに置くかは非常に微妙なところだ。ヒュンダイi30ツアラー、キア・シード・スポーツワゴン、更にはフォルクスワーゲン・ゴルフ・エステートのようなしっかりとしたエステート・モデルの対抗に置くことは、そのコンパクトなボディには不当なところ。しかし、その一方で、それらモデルの通常のハッチバックよりは多くの収納スペースを持つことも明らかだ。

ラピッド・スペースバックは、リア・シートが起きた状態で415ℓ、そしてリア・シートを収納すれば1380ℓのブート・スペースを持つ。これは、通常のゴルフ・ハッチバックの380 / 1318ℓよりは大きい値だ。実際、それらライバル立ち寄りも小さなボディであるにもかかわらず、これだけの容量が確保できたことは印象的と言えるだろう。

■どんな感じ?

試乗したのはエレガンス・トリムが施された1.2ℓのTSI グリーンテック・モデルだ。このエンジンは1.2ℓとしては最も高い104bhp、17.8kg-mのパワー、トルクを持つ。アイドリング・ストップとブレーキ回生システムが標準となるグリーンテック・オプションのおかげで、18.4km/ℓという燃費と、118g/kmというCO2排出量となっている。

この1.2ℓエンジンは、1170kgのボディをよく引っ張ってくれる。回転をボトムまで落とさなければ、充分なトルクが得られる。また、組み合わせられる6速マニュアル・ギアボックスも適切なギアリングを持つ。

ベロナの山間路で感じたステアリング・フィールは、若干デッドで、軽い感じがした。しかし、素早く的確な反応を持っているため、そのサイズを感じさせないドライビングが可能だった。

ヘッド・クリアラングとレッグ・スペースは充分なキャビン・スペースが保たれており、180cm級の大人でも窮屈さを感じない。また、その広くサポートの良いシートも快適そのものだった。

インテリアはも豪華で、その価格以上の装備がされていたし、その素材自体も高級であった。

■「買い」か?

スコダ・ラピッド・スピードバックの魅力はそのバリュー・フォア・マネーにある。£14,340(227万円)からスタートする価格は、£14,200(225万円)のヒュンダイi30、£14,440(228万円)のキア・シード、£16,495(261万円)のフォルクスワーゲン・ゴルフ・ハッチバックと比較してお買い得なモデルである。ヒュンダイi30とキア・シードとは価格はほとんど同じだが、その装備やユーティリティにおいて分がある。

より小さいボディで安価で、しかもエステート・レベルのブートスペースを望んでいるのであれば、このラピッド・スピードパックは検討に値するモデルだ。しかも、経済的であり、よく走るクルマなのだから。

(ダレン・モス)

スコダ・ラピッド・スペースバック 1.2TSI グリーンテック

価格 £16,890(268万円)
最高速度 193km/h
0-96km/h加速 10.2秒
燃費 18.4km/ℓ
CO2排出量 118g/km
乾燥重量 1170kg
エンジン 直列4気筒1197ccターボ
最高出力 104bhp/5000rpm
最大トルク 17.8kg-m/1550-4100rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事