ポルシェ・マカンをスクープ

公開 : 2012.05.11 11:28  更新 : 2017.06.01 00:55

最も生産型に近いポルシェのSUV,マカンをドイツでテストしている様子をスクープした。

新型のアウディQ5をベースに生産されるコンパクトSUVは、ポルシェの5つめの柱として2013年10月に発表されることとなる。以前のマカンはアウディQ5のボディでテストされていたが、オリジナルのボディを纏った姿がスクープされたのはこれが最初だ。

デザインはカイエンの影響を強く感じさせるもので、その大きな兄弟車を上手く縮めたようなルックスを持つ。マカンは低くワイドで且つスリークなプロファイルで、傾斜の強いフロント・スクリーンとスロープしたルーフラインが特徴的だ。

大きさは、長さがおおよそ4600mm、幅が1890mm、そして高さが1650mmとなる。それはカイエンより210mm短く50mm狭く40mm低い。

マカンはフォルクスワーゲン・グループの次世代のFWDおよび4WDのMLBプラットフォームを使用する。そのプラットフォームは次期Q5にも使われるものだ。

エンジンはトップ・モデルには新しい370bhp、55.3kg-mのV6ツインターボが搭載される予定だ。このパワー・ユニットはBMW X3やレンジローバー・イヴォークよりもダイナミックなパフォーマンスを発揮する。

また、2基の4気筒エンジンも搭載される。ガソリンは2.0リッターで220bhpのパワーを持ち、0-100km/hが7.5秒、そして230km/hの最高速をもたらす。一方、ディーゼル・エンジンは190bhpの2.0リッターだ。

この他、ノーマル・アスピレーションの3.6リッターV6は295bhpでマカンSに搭載され、250bhpの3.0リッターV6ディーゼルは、マカン・ディーゼルSに搭載される。更に、ハイブリッド・モデルも計画されているという。

また、ポルシェは、アウディの309bhpを発揮する3.0リッター・ツインターボV6ディーゼルも、使いたがっているようだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事