【最上級のGLS】メルセデス・マイバッハGLS 600 4マティックへ試乗 4.0L V8+ISG

公開 : 2021.01.13 10:25

パワフルでスムーズ。メルセデス・ベンツの上をいく洗練度を備えた、マイバッハGLS。しかし、ベントレーやロールス・ロイスなどの超高級ライバルに匹敵する特別さは薄い、とする英国編集部。最上級大型SUVを評価しました。

もくじ

マイバッハ・ブランド初の正式なSUV
4.0L V8ツインターボにISGで556psと74.2kg-m
必要以上のパワフルさと卓越した洗練性
溢れる個性やユニークさを期待したい
メルセデス・マイバッハGLS 600ファーストクラス 4マティック(北米仕様)のスペック

マイバッハ・ブランド初の正式なSUV

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
メルセデス・マイバッハGLSのようなクルマは、本当には必要ないのだろう。しかしロールス・ロイスやベントレーは、カリナンやベンテイガという超高級SUVで多くの顧客を集めている。メルセデス・マイバッハも、傍観しているわけにはいかないのだ。

第3世代となるGLSの中で、最上位に位置するモデルがマイバッハGLS。メルセデス・ベンツの上級サブブランド、マイバッハとしては初の正式なSUVとなるが、多くを通常のGLSと共有している。

メルセデス・マイバッハGLS 600ファーストクラス 4マティック(北米仕様)
メルセデス・マイバッハGLS 600ファーストクラス 4マティック(北米仕様)

サスペンションは、新世代のEアクティブ・エアマティックと呼ばれるシステムを採用。カーブでのボディロールを軽減する機能や、一層の高価格帯にふさわしい乗り心地を実現させている。

メルセデス・ベンツのデザイナーは、GLS 600を通常のGLSと区別するため、少なくない努力を投じた。一方でボンネットには、スリー・ポインテッド・スターのエンブレムが、マイバッハとしては初めてあしらわれている。

見た目でのマイバッハGLSの特徴は、スリットのクロームメッキが眩しいフロントグリルや、こちらもクロームが光る専用デザインのバンパー、標準で22インチとなる大きなホイールなど。

2トーンに塗り分けられるボディ塗装はオプションで、8種類の配色から選択可能。サイドウインドウのフレーム外周部分も、クロームが与えられている。サイドステップは電動で格納される。

重厚感あるマイバッハのエンブレムは、Dピラーに配置。マフラーカッターも、専用デザインとなっている。

4.0L V8ツインターボにISGで556psと74.2kg-m

カリナンやベンテイガと異なり、スタイリングはマイバッハとしての独自性が強くはない。だがGLS 600の存在感は大きく、全長は5205mmで全幅は2030mm、全高は1838mmもある。ホイールベースは、通常のGLSと同じ3135mmだ。

パワートレインは、S580にも採用されるマイルド・ハイブリッド。ツインターボで過給される4.0LのV8ガソリンエンジンに、9速ATと一体となる電圧48Vのスタータージェネレーターを結合する。最高出力は556ps、最大トルクは74.2kg-mを得ている。

メルセデス・マイバッハGLS 600ファーストクラス 4マティック(北米仕様)
メルセデス・マイバッハGLS 600ファーストクラス 4マティック(北米仕様)

この豊かなエネルギーは、4マティック・システムを介して四輪へ伝達。いくつもの電子アシスト機能が、走りを支えてくれる。

ちなみにロールス・ロイス・カリナンの場合、5.8LのV12ツインターボ・ガソリンエンジンを搭載し、571psと86.5kg-m。ベントレー・ベンテイガのトップグレードは6.0LのW12気筒ツインターボ・ガソリンで、608psと91.6kg-mを発揮する。

インテリアは、マイバッハの専用設定。ナッパレザーが張り巡らされた上質な設えで、ダッシュボードのトリムも特別なもの。モニター式のデジタルメーターも専用デザインとなる。

今回試乗したマイバッハGLS 600は、定員が4名となるファーストクラス仕様。左右で独立したリアシートは個別にリクライニング可能なほか、マッサージ機能を内蔵。センターコンソール部分には、冷蔵庫と折りたたみ式テーブルが収まっている。

荷室のトノカバーも専用設計で、防音材が各所に追加され、ロードノイズを制圧。パノラマ・グラスサンルーフが、豪奢な雰囲気をさらに高めている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事