メルセデス・ベンツGLA45 AMGデビュー

公開 : 2014.01.08 22:00  更新 : 2017.06.01 02:14

メルセデス・ベンツGLA45 AMGがデビューした。

GLAのラインナップのトップに立つこのモデルは、A45 AMGやCLA45 AMGと同じ335bhp、45.9kg-mの2.0ℓターボ・エンジンを搭載する4WDモデルだ。トランスミッションは、マニュアル、スポーツ、コントロールド・エフィシエンシーの3モードを持つAMGスピードシフトDCT7が組み合わせられる。この最後のコントロールド・エフィシエンシー・モードではアイドリング・ストップが起動され、燃料効率を最大に導く。

来週のデトロイト・モーターショーで正式に発表されるGLA45 AMGは、標準的なGLAと同時にこの春から販売が予定されている。

パフォーマンスは、0-100km/h加速が4.8秒、トップスピードはリミッターで制限された250km/h。燃費は13.3km/ℓ、CO2排出量は175g/kmだ。

標準的なGLAに対してプラスされる装備は、ボディ・キットやAMGスポーツ・エグゾースト・システムの他、スポーツ・サスペンション、ハイパフォーマンス・ブレーキなど。また、インテリアでは、パフォーマンス・ステアリング・ホイール及びパフォーマンス・レザー・シート、そしてカーボンファイバーのトリムなどが与えられる。

AMGは、ML63 AMG、GL63 AMG、G63 AMG、G65AMGと合わせて、これで5つめのAMGモデルをSUVラインナップに加えたことになる。

関連テーマ