BMW X3 xDrive28iに新世代BMWツインパワー・ターボ・エンジンおよびアイドリング・ストップ機能を搭載

2012.05.22

ビー・エム・ダブリューは、昨年3月に第2世代へとフルモデル・チェンジしたBMW X3 xDrive28iに、ツインパワー・ターボ・エンジンおよび停車中の無駄な燃料消費を抑制するアイドリング・ストップ機能を搭載し、5月22日より発売を開始した。また、このX3 xDrive28iを含むBMW X3の全モデルに、効率的なドライブをサポートするECO PRO(エコ・プロ)モード付きのドライビング・パフォーマンス・コントロールを追加している。

今回、BMW X3 xDrive28iに搭載されるのは、新世代の2.0リッター直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジン。最高出力245ps/5,000rpmおよび最大トルク35.7kgm/1,250rpm-4,800rpmを発生し、低回転から広い回転域で最大トルクを発生させるパワー・ユニットだ。さらに、停車中の無駄な燃料消費を抑制するアイドリング・ストップ機能を新たに標準装備としている。

これらの採用により、燃料消費率(JC08モード)は、13.6km/lと従来モデルから約36%向上し、平成27年度燃費基準+20%および平成17年排出ガス基準75%低減レベルを達成し、エコカー減税により自動車取得税および重量税が100%減税、自動車グリーン税制により登録翌年度の自動車税が約50%減税され、かつエコカー補助金の対象モデルとなる。

また、BMW X3の全モデルに、効率的なドライブをサポートするECO PROモード付きのドライビング・パフォーマンス・コントロールを新たに標準装備としている。これは、スイッチ操作一つで、エンジン・レスポンス、8速オートマチック・トランスミッションの変速制御などの走行モードを、「ECO PRO」、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ・プラス」から選択することが可能なもの。ECO PROモードでは、エンジン・レスポンスやシフト・タイミングの最適化に加え、エア・コンディショナーやシート・ヒーター等の作動を効率的に制御することで、燃費の良い走行スタイルをサポートしてくれる。また、燃費の良い走行をするためのヒントや、効率を向上させた結果により延長された航続距離の情報を「ボーナス・マイレージ」としてコントロール・ディスプレイやメーター・パネル内に表示し、ドライビングを楽しみながら燃費を向上させることを可能にしている。

価格はX3 xDrive20iが 5,410,000円、X3 xDrive28iが5,990,000円、X3 xDrive35iが6,950,000円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事