ダイハツ・コペンの新技術発表

2014.04.01

ダイハツは6月に発表する予定のコペンに使用される新技術を発表した。それによると、D-Frame、DRESSFORMATION、専用チューニングという3つの柱から構成される。

D-Frameは、従来の構造にこだわらず、骨格+樹脂外板という新しい価値とカタチの実現のため、車両の面強度に頼らずに骨格のみでスポーツカーにふさわしい剛性を確保する技術。フロント〜サイド〜リア〜フロアの車両全体を切れ目なくつなぐ構造とし、さらにフロア下のトンネル部やクロスメンバーなどの補強を行うことで、ボディ上下曲げ剛性を3倍、ボディねじれ剛性を1.5倍と大幅に向上させた。

DRESSFORMATIONは、外板を13個の樹脂パーツで構成し、購入後でもカラー変更が可能となる。交換可能な樹脂パーツはフロントフード、ラゲージ、フロント/リヤバンパー、フロント/リア・フェンダー、ロッカー、フューエルリッドの11部品で、樹脂外板部品はボルト締め付け構造を採用している。

専用チューニングは、取り付け点を含むサス剛性の向上とロール剛性バランスの最適化などを行うというもの。乗り心地を大幅に向上し、リアのグリップ感を始めとする感動の操縦安定性を実現する。また、空力性能については、リアの揚力を初代コペンに比べ約60%低減し、前後の揚力バランスを最適化。高速でも低速でも変わらない安定感のある走りを実現している。サウンドは、デュアルテールパイプマフラーとして、メインマフラーの共鳴構造により、走り出しの力強さと高回転時の気持ちよいサウンドを演出する。

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

自動車ニュースの人気画像