メルセデス・ベンツCクラスにプラグイン・ハイブリッド

公開 : 2014.05.08 20:55  更新 : 2017.06.01 02:13

メルセデス・ベンツは、2015年にプラグイン・ハイブリッド・モデルの発売を予定している。そのテストがC350のバッジを付けて行われている最中だ。

このモデルが通常のモデルと異なるのは、リア・バンパーに付けられたチャージ用コネクター用のフラップだ。これはSクラス・プラグイン・ハイブリッドでも見られたパーツだ。また、アクティブ・グリル・シャッターも装備される。これはウォーミング・アップの時間を減らすとともに、ドラッグも低減する仕組みだ。

エンジンは3.0ℓV6とモーターの組み合わせ。これに7速のオートマティックが装備される。

インテリアにはほとんど変更がないが、バッテリーのためのコマンド・メディア・システムが追加装備される。

現時点ではその燃費などは公表されていないが、CO2排出量が60g/km台になると予想される。

関連テーマ

人気テーマ